現場で簡単に直角を出す方法「さんしご」

現場でちょっと直角を出したいという場面って、けっこうありますよね。

トランシットを据えて角度を振ればな直角を出すことはできますが、
そこまでの精度がいらない場合には、
現場にある丁張り材や巻き尺だけでも簡単に垂直方向を出すことが出来たりします。

さんしご定規をつくって直角を出す

直角三角形の各辺の比率が、3:4:5になるというピタゴラスの定理を利用した方法です。

現場にある丁張り材で、各辺の長さの比が3:4:5になるような三角定規を作ります。
定規の大きさは、持ち運びに支障にならないような大きさにします。

さんしご定規の使い方は、道路中心線や道路側溝等の通りに合わせてさんしご定規をセットし直角方向を示し、水糸は張ったり、ポールなどを立ててにらめば、それなりの精度で直角方向を出すことができます。

巻き尺を使って直角を出す

さんしご定規と同じ理屈です。
3人いれば、こちらのほうが簡単に出せます。

巻き尺の0mと12mの位置を合わせて持って輪っかを作って、3mと8mの位置をそれぞれ持たせて直角三角形を作ります。
測点Aと測点Bにポールを立てて、見通し線上に3mの位置を合わせれば、8mの地点が直角方向というわけです。

あとは、
集水桝等の型枠を組むときも、345を使えば差し金がなくてもビシッーっと直角がきまった型枠を組むことができます。

巻き尺を使って直角を出す(2)

巻き尺を使う方法には、345の直角三角形ではなく、二等辺三角形による方法もあります。

測点Aから任意の同じ距離でB点、C点に印をつけて、それぞれ任意の同じ距離で円弧を描けば、交わったポイントが測点Aの直角方向となります。
この方法の利点は、単カーブ中の測点でも直角方向が出せるという点が上がられます。

現場で直角方向の位置を出さないといけない場合で、なんでもかんでもトランシットを据えて角度を振らなくても、それなりの精度で良い場合はこれらの方法で出したほうが効率がいいですよね。
以上、現場で簡単に直角方向を出す方法でした。

まぁ、
土木男の場合は、特殊能力『トランシット・アイ』を持っていますので、ちょっと目で睨めばビシッと直角のラインが見えてしまいますのでサンシゴは使うことはありませんが、
まぁ、ほとんどの監督さんはトランシット・アイの能力は持っていないと思いますので、この記事を参考にして下さい。

勾配から角度を求める方法は??

道路勾配とは、
直高を水平距離で割って100をかけたものですね。

1mで2cm上がる道路なら、
0.02/1*100=2(%)になります。

ここまでは問題なしですね!?

続いて、「tanθ」なるものについて説明します。
高校の数学で学んだような気がする『tanθ』は、ずばり道路勾配の計算で100を掛けないものと同じです。
つまり、
tanθの値は、直高0.02m÷水平距離1mです。

だから、
どぉしたぁ!!(`・ω・´)

ここからが本題です。
みなさんの関数電卓に『tan^-1』というボタンはありますか??
『Shift』+『tan』で『tan^-1』という電卓が多いかと思いますが。
『tan^-1』は、アークタンジェントと読み、tanθの値を角度に変換してくれる便利ボタンです。

では、
さきほど求めた水平距離が1メートルで、直高が2センチメートルの道路のtanθの値、
tanθ=0.02÷1=0.02という値を『tan^-1』で変換すると、
tan^-1(0.02) = 1.1457628381751035・・・度

よって、
2%勾配の道路の角度は、約1.1度となります。

ちなみに、
角度から勾配を求めたい場合は、
角度を入力して、tanθボタンを押して100をかける。
これで、勾配が求まります。

アークタンジェント、タンジェントって、
便利ですやん!!